「頭寒足熱は冷え対策の基本です」

皆様こんにちは、芝浦治療院の増田です。

ここ数日少し暖くなったかと思えば急に寒くなったりと不安定な気候が続いています。

気象庁によりますと今年の冬はエルニーニョ現象により暖冬になるとの予想が出ています。

 

季節の変わり目で気温の変化と共に体調も崩しやすい時期です。

皆様、体調の方はいかがでしょうか?

 

 

さて今回は「頭寒足熱」についてお話します。

 

頭寒足熱とは辞書によると、

頭を冷やして、足を温めるとよく眠れ健康に良いと書いてあります。

ですが、実際は「足熱」は足先だけでなく、

下半身全体を温めて冷やさないように気をつけるという意味になります。

 

例えば太ももが冷えると小腸や大腸も冷えて体調が悪くなります。

ふくらはぎは体のバランスに関係のあるところなので、

冷えるとバランスが崩れてしまいます。

左右差が出ると骨盤周りが硬くなり歪みが生じてきます。

 

そして足部、足底が冷えると交感神経が優位になるため

イライラしたり怒りっぽくなったりします。

このように下半身を冷やすと良いことはないですね。

 

「頭寒」は頭を冷やすという意味ではなく、

上半身に厚着をしすぎると熱が篭りのぼせ状態になります。

そうなると脳が体に冷やせと指令を送り、体が冷えて代謝機能が低下します。

それにより免疫が下がり様々な症状を引き起こしますので、

熱が篭りすぎないように注意しましょう。

 

基本的には下半身は厚手で上半身は首元は冷やさないようにマフラーなどをして調整して着るのが良いと思います。

 

頭寒足熱は健康の基本となります。

 

頭寒足熱がうまくゆかないと、冷えによる血流循環の悪さやリンパの流れの悪さにより

骨盤が歪み、捻れてしまい動きが偏り体が硬くなります。

 

それにより腰痛、頭痛、ホルモンバランスの崩れなど自律神経に関する症状を引き起こします。

 

調子が変だなと感じたらひどくなる前に早めの予防をお勧めします。

 

気になる事がございましたらお気軽にご相談下さい。

 

田町駅から徒歩7分 芝浦治療院

 

 

 

 

二宮総院長が「女性自身」に掲載されました。

こんにちは。芝浦治療院 徳本です。

最近は寒くなった影響かぎっくり腰や寝違えなどの急性症状の患者さんが多くなっています。痛みが強くなくても体の違和感を感じたらすぐに治療を始めるなど、早めの対処を心掛けましょう!

さてタイトルにもある通り、メディカルケアグループ総院長の二宮が「女性自身11月13日号」【厳選 神の手治療院11】として掲載されました。

網膜色素変性症などの目の症状やパーキンソン病等の難病のための鍼灸治療を当グループ総院長の二宮が担当いたします。
芝浦治療院での治療は毎週火曜日の診療になります。

詳しくは、総院長:二宮 崇のホームページをご覧下さい。

https://www.acumoxa.jp/

私達、メディカル・ケアグループでは整骨、鍼灸、マッサージ、カイロプラクティックを各専門とする総合治療院であり、特に女性には骨盤矯正が人気です。

骨盤にゆがみがあると腰痛、肩こり、頭痛や婦人科疾患、月経時の不調、女性の大敵である「冷え」を引き起こします。

それらを鍼灸や手技を用いて調整していきます。

そのほかにも、自律神経を整える鍼灸治療やカイロプラクティックを用いて

全身のだるさや体の重さなど自覚症状はあるが検査をしても症状が分からない等、様々な患者さんに合わせて適切な治療プランを国家資格者の専門スタッフが提案させて頂きます。

当院はグループ治療院となり、芝浦治療院以外にも5院あります。

月島治療院   https://www.medicalcare.co.jp/

大森駅前治療院 https://www.medicalcareoomori.com/

新橋汐留治療院 https://www.shinbashishiodome.com/

千歳烏山治療院 https://chitose-karasuyama.com/

青山外苑前治療院 https://chiryoin.tokyo/

ご予約の際は、お近くの治療院へお問い合わせ下さい。

上記の急性症状だけでなく胃の不調や頭痛などを訴える患者さんも増えています。

体の不調を感じたらまずはご連絡してください。

 

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日  日曜

 

インフルエンザがもうすぐそこに。。

こんにちは。芝浦治療院の大坪です。

いつの間にか11月になってしまいました。今年も残すところあと2ヶ月ですね。さて、この時期は食べ物もおいしくなってグルメな私には幸せな時期ですが、同時にインフルエンザ等のウイルス感染も多く見られる時期ですね。

ワクチンも毎年替り新薬も同様に開発されています。

今年も「ゾフルーザ」という薬が出ていますね。飲み薬で子供でも楽に服用でき、しかも一度の服用で効果が出るので体への負担は少ないようです。

そもそもウイルスというのは細胞分裂で増えていきます。分裂によって増えたウイルスを細胞膜の外に出さないというのが今までの薬だったらしいのですが、新薬はなんとウイルスの分裂を起こさせない効果があるとか(笑)医学の進歩は素晴らしいですね。

ただ新薬ということでやはり抵抗がある方も多数いらっしゃるようです。そういう方たちはやはり自分たちで体調管理をしていくのが1番ですね!

ウイルスに負けない免疫力・抵抗力を身につけましょう。

芝浦治療院では、治療はもちろん日常の健康維持のためのアドバイスも随時行っています。お気軽にお声がけください。

 

●祝日診療のお知らせ●

11/23(金)もam9:00~pm19:00の間で診療しております。連休前・年末前の体のメンテナンスに、忘年会へ向けた体調管理にぜひご利用下さい。

 

 

柔整師会 開催しました!!

こんにちは!
芝浦治療院の松本です。

10月も後半に入り肌寒くなってきましたね!
皆さん風邪をひかないよう体調管理に気をつけてください!

先日芝浦治療院にて柔整師会が開催されました。
柔整師を中心に技術向上の為、2ヶ月に一度勉強会を行っております。

今回の講師は今一番勢いに乗っている新橋汐留治療院 院長 高島先生と主任の鎌田先生でした。
高島先生は関節包内調整法、鎌田先生は美容ストレッチを指導していただきました。

高島先生の関節包内調整法は主に仙腸関節の動きを良くすることで腰痛改善にとても有

効な手技です。

鎌田先生の美容ストレッチは骨盤、股関節、胸郭をアプローチして姿勢の改善や産後の開いた骨盤ケア、O脚矯正にとても有効です。

 

少しでも早く自分のものにして患者様へ還元できるように頑張って練習していきます。
自分のものにするのはとても大変ですけど(笑)
頑張ります!!

芝浦治療院をはじめ我々、株式会社メディカル・ケアのメンバーは日頃より勉強会や練習を通じ、技術・知識を磨いております。
全ては患者様の為に、日々努力して参りますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。
お身体の事でお悩みの方は、どうぞお気軽に芝浦治療院までお問い合わせください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日  日曜

 

 

 

 

冷え性対策

こんにちは!芝浦治療院 須藤です。

10月も後半になり、だいぶ朝晩は冷え込むようになってきましたね。

この時期から気になり出してくるのが「冷え性」です。
適切に対処せず我慢していると、さまざまな症状や病気を引き起こすことがあります。
冬に向けて衣食住を中心に生活習慣を改善し、冷え性を予防していきましょう。

☆手足の冷えやむくみの原因
冷え性は、「入浴後すぐに手足が冷える」「手足が冷えて眠れない」「体が温まりにくい」などの症状があり、女性に多いのが特徴です。
むくみ、腹痛、頭痛、生理不順、抑うつ感など、さまざまな体や精神面のトラブルを伴うこともあり、切実な問題となってきます。

冷え性が女性に多い理由としては、一般に女性のほうが男性より筋肉量が少ないことや月経・出産・閉経などに伴ってホルモンのバランスが崩れやすいことなどがあげられます。

また、冷える原因として、「体質・体格」「自律神経の働きの乱れ」「女性ホルモンの変動」「生活習慣」などが考えられ、生活習慣では衣食住が冷え性の原因となる場合が多いとされています。

☆冷え性を改善するには

・栄養バランスの良い食事
体の体温調整のメカニズムを良好に維持するために、栄養バランスの良い食事が必要になります。

例えば野菜や果物は葉・茎・皮など丸ごと食べると、その食材がもつ栄養素を無駄なくとれるため、根菜類などは特に体を温める効果が高いとされています。
冷たい食品や飲料を大量にとると、内臓が冷やされ一時的に胃腸障害が起きることがありますので気を付けましょう。

・タンパク質を十分にとる
食事で摂取したエネルギーのおよそ8割は熱になりますが、食事の量が少ない場合や、胃腸が虚弱で栄養吸収が悪い場合は、熱産生が不足して体温が低下しやすくなります。そのため、冷え性の治療では胃腸を整えることが大切です。
栄養素によりカロリーは異なりますが、熱として消費される量がもっとも多いのはタンパク質といわれています。
タンパク質は運動とは関係なく熱を産生しますが、炭水化物は肝臓や筋肉に蓄えられるため、筋肉を動かす事で熱を産生します。
女性は一般的に男性に比べ身体活動量が少ないので、タンパク質を十分にとることが冷え性に対策するために必要となります。

・生活に運動を取り入れて筋肉を鍛える
冷えの原因は「筋肉量が少なく、体の熱を多くつくることができない」「血流が悪いため熱をうまく運べない」ことによります。
体の熱の約6割は筋肉によってつくられるため、背中・お腹・お尻・太股などの大きな筋肉を鍛えると、冷え性を改善しやすくなります。

運動を続けると、体の代謝が向上し、自立神経バランスが整えられ、筋肉のこりを解消する効果も得られます。歩幅を拡げて歩くウォーキングを1日30分、毎日行うと足腰の筋力を強化でき、下肢の静脈の流れを改善できるため冷え性には効果的です。

・アルコールを飲み過ぎない
アルコールには体を温めると思われがちですが、アルコールを分解する過程で血管を拡張させるため、皮膚から熱が大量に放散されてしまいます。お酒を飲み過ぎると体温が低下しやすくなるので、飲み過ぎに注意しましょう。

体を温める習慣は風邪予防にも効果的です。鍼灸や全身調整にて胃腸の調子を整えたり、自律神経を整えてこれからの季節に備えていきましょう!

 

連休の診療について

祝日も休まず診療致しますのでお早めにご予約をお願い致します。

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日  日曜

 

足の捻挫、肉離れ

こんにちは!芝浦治療院 徳本です。

秋はスポーツの秋と呼ばれることもありますが皆さん運動はしていますか?

運動会や運動不足解消にランニングを始めた方などで足首を捻ったり筋肉を傷め、来院される方が増えています。今回はその中でも特に多い、ねんざや肉離れについて書いていきます。

運動で靭帯や筋肉などに無理な力が加わった結果、それらの組織が損傷した状態をそれぞれ、ねんざ(=靭帯損傷)、肉離れ(=筋肉の損傷)といいます。
特に損傷の直後はその部位が炎症を起こし、腫れて熱を持ち、ズキズキと痛む場合があります。
靭帯(じんたい)や筋肉の一部が傷つき、場合によっては、ちぎれている状態といえます。
日常生活やスポーツでねんざや肉離れを起こしてしまった直後は傷めた部分に負担をかけないよう、安静にしましょう。テーピングや包帯、サポーターなどで固定できればより良いです。

ねんざや肉離れをしてしばらく時間が経つと、痛めた部分が赤くなったり、熱を持ったりする場合があります。これは痛めた組織が炎症反応を起こしているからです。
よくねんざや肉離れをした直後に痛めた部分を何度も動かしたり、力を加えたりして傷めた箇所の確認をする人が多いですが、確認の動作は傷めている部分にさらに負担をかけることになりますので、やりすぎると傷めた組織の傷を更に広げてしまいます。

ねんざや肉離れをしてしまったのであれば、確認は最低限にして、
そのような場合は傷めた部分(熱を持っている部分)を冷やした方が良いです。
また、ねんざや肉離れの際には痛めた部分が内出血を起したり、腫れてくる可能性がありますので、安静の際には痛めた部分を心臓より高い位置に挙げておくと良いとされています。

なかなか治らない肉離れや捻挫に鍼灸治療が有効的です。

ねんざや肉離れを起した部位や、その周囲の筋肉も緊張している場合が多いです。
そして、その筋肉の緊張は痛めた部位の周囲だけでなく、
離れた部位の筋肉まで広範囲で緊張している場合があります。

針灸療法は緊張して硬くなっている筋肉を緩め、
その筋肉が本来負うべき負担を十分担えるような状態にします。
また、傷めた部位に直接関係する筋肉の緊張を緩めることで、
傷めた部位に直接かかっていた負荷を軽減させ、
損傷している靭帯や筋肉の修復を助けます。

より詳しくねんざについて知りたい方は下記へ

↓↓↓
ねんざ

「ちょっと捻っただけでこれくらい大丈夫」、「走ったあと足に違和感があるけど方って置いても平気だろ」

痛みや違和感が少しでも出たら放置せず、すぐに当院にご来院ください。受診が早いほうが治療効果も期待できます。ねんざや肉離れ以外の症状でも対応させていただきますのでまずはご相談してください!!

 

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日  日曜

 

BBQを行いました❣

こんにちは♪
芝浦治療院受付の江津です。

先日の日曜日は暑かったですね10月なのに汗だくになりました…

そんな真夏のような暑さの中お台場潮風公園にて毎年恒例のメディカル・ケアBBQが行われました!

普段話す機会のない先生方やご家族の皆さんと交流を深めることができ終始笑顔溢れるBBQとなりました(^^)

焼き場担当の片山先生と土屋先生です✿

沢山お肉を食べながら
各院対抗のハードルタイムトライアルや大縄跳びで汗を流し、私たち芝浦治療院も団結力が深まりました☆

ハードルタイムトライアルでは、土屋先生が頑張ってくれたおかげで芝浦治療院が優勝することが出来ました!!

楽しかったBBQを終え、更にパワーアップした芝浦治療院一同で皆様のご来院をお待ちしております。

最近は気温が高くなっていますが週末からまた寒くなるようです!
気候が安定しない日も多いですが体調を崩していませんか??

ぎっくり腰や寝違いの患者様も増えています。

芝浦治療院では急性症状の方の治療も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日 日曜

季節の変わり目は要注意!!!

 

 

こんにちは

芝浦治療院 土屋です。

 

 

気温も下がり秋めいてきましたが今年は台風が多く、スッキリしない天気が続きますね。

みなさまの体調は大丈夫でしたか?

 

 

夏から秋に変わるこの時期は自分では分かりづらい体の変化も多い時期です。

 

今回はこの季節だからこそ多い急性の症状についてお話しします。

 

 

ギックリ腰寝違い

 

ギックリ腰、寝違いに季節なんてあるの?

と、思われる方も多いと思いますがこの時期はどうしてもギックリ腰が増えてしまうのです。

 

理由としては気温の高い夏から気温の低くなる秋になるときに身体の筋肉が硬くなりやすくなってしまうからです。

 

筋肉は温めた方がよく動く性質を持っています。

運動の前に準備運動やストレッチをするのは筋肉を温めるためです。

 

夏は外気の熱である程度体は温められますが秋はどうしてもそうはいきません。

そんな中体を動かすことによって、普段の何気ない動作、例えばものを取るためにしゃがむ、重いものを持つといった動作でもギックリ腰を起こしてしまいやすくなるのです。

 

 

寝違いも同様に冷えて筋肉に柔軟性が損なわれ、朝起きた時のタイミングで痛める事が多々あります。

 

 

ちなみに芝浦治療院にもギックリ腰、寝違いで来られる患者さんはこの時期、特にに多いです。

 

また、気温の変化とは関係ないですがこの時期に多くなるものは他にもあります。

 

それは捻挫や肉離れです。

 

秋は、スポーツの秋といわれ体を動かしたくなったり、お子さんの運動会もよく行われており親御さんも参加するイベントで、久しぶりに体を全力で動かすことによっての急性のケガは特に多いのです。

 

 

今週は運動会の予定が多いです。

準備運動を入念にお願いします。

 

上記の2つに言えるのはしっかりと体を温めて筋肉の柔軟性を高め、ケガを予防することが大切です。

また、ストレッチやマッサージなども有効です。

 

ケガの予防をしたい方、またケガをしてしまった方がいらっしゃいましたら

芝浦治療院にぜひお任せください!

 

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日 日曜

秋の夜長に温活しましょう。

こんにちは、芝浦治療院・増田です。

お彼岸も終わりだいぶ涼しくなってきました。

お彼岸の中日に当たる春分、秋分は昼と夜の長さがほぼ同じになります。

秋は秋分を境に太陽の出る時間が短くなり夜が長くなる と同時に気温もだんだん下がって行きます。

今年は本当に暑く冷房で冷えた方も多いのではないでしょうか?

またこのお彼岸も終わり涼しくなってきたこの時期も気温は高くないのに湿度が高いため、ムシっとして除湿や冷房を入れたりしてまた冷えやすくなり、身体の疲れが出やすくなります。
特に女性にとって冷えは大敵です。

冷えることによって生理痛、月経不順、不妊症など様々な女性特有の症状や疾患に関わることも多くあります。

また肌荒れや身体のだるさや不眠にも関わることもあります。

 

このように冷えることによって様々なトラブルを引き起こします。

 

そこで今日は温活についてお話をします。

「温活」聞いたことがある方も多いと思いますが、

「温活」とは日頃から身体を温める事で、自分の身体への意識を高めることにより
冷えやそれに伴う症状に対して向き合う事です。

冷えは本来全身を巡っている血液の流れが滞り、身体の末端まで血液が流れにくい状態です。

心臓や重要な臓器のある体幹部を守るために末端から冷えていき、その冷えがひどくなると子宮や卵巣にも悪影響を及ぼします。

妊娠を希望する場合卵巣への血流が悪くなると、卵が育ちにくくなり子宮内膜が十分に厚くならないこともあります。

このように冷えることで様々な悪影響を及ぼす事を防ぐためにも基礎体温を上げることが大切です。

現代人は昔の人より少し体温が下がっているそうです。

体温が1度上がると免疫力が一時的に5〜6倍上がるそうです。

理想は一般的に36.5以上とされています。

そこで興味のある方は、まず出来ることから始めてみましょう。

入浴の仕方。

お風呂は(37度〜39度で25〜30分が良いそうです)ぬるめのお風呂にゆっくり全身浴で浸かることで最初は寒く感じるかもしれませんがジワジワと温まってきます。

お風呂から出る時に湯冷め防止に手足に水をかけるのも良いです。

 

お灸なども効果的です。

 

温活として食事も大切です。

根菜類や発酵食品や白湯などバランスよく摂るようにしましょう。
身体を温める食材
山芋、かぼちゃ、ニンニク、ごぼう人参、生姜、ひじき、ワカメ、海藻類など

身体に良いからと摂りすぎないようにバランスよく摂るようにしましょう。

このように女性にとって冷えることにより様々な疾患にも影響してきます。

女性特有の症状でお困りの方は田町駅から徒歩5分芝浦治療院へ

女性のスタッフもおりますのでお気軽にご相談ください。

もうすぐ秋分の日

こんばんは。大坪です。

今年の秋分の日は9月23日ですね。

おかげで月曜が振替休日でまたもや3連休!皆様も大変喜ばれていることでしょう。

さて、秋分の日ですが皆さんご存知のように夜と昼の長さが等しくなる日です。つまり、陰気と陽気が±0。ここから新たなスタートと言ってもいいでしょう。

秋分の日以降は陰気が増していきます。ここを境に気温は少しずつ下がっていくのですが、夏の間に冷やしすぎた体内にはまだまだ冷えが残っている方も多いのではないでしょうか。

この冷えが今後の体調不良に直結します。まだまだ日中は暑かったりしますが、少しずつ身体を温める習慣をつけていきましょう。

季節の変わり目を快適に乗り切ることで冬を楽しく過ごす準備をしましょう。

 

体調不良のことなら芝浦治療院へご相談ください。

 

 

連休の診療について

祝日も休まず診療致しますのでお早めにご予約をお願い致します。

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日 日曜