足の捻挫、肉離れ

こんにちは!芝浦治療院 徳本です。

秋はスポーツの秋と呼ばれることもありますが皆さん運動はしていますか?

運動会や運動不足解消にランニングを始めた方などで足首を捻ったり筋肉を傷め、来院される方が増えています。今回はその中でも特に多い、ねんざや肉離れについて書いていきます。

運動で靭帯や筋肉などに無理な力が加わった結果、それらの組織が損傷した状態をそれぞれ、ねんざ(=靭帯損傷)、肉離れ(=筋肉の損傷)といいます。
特に損傷の直後はその部位が炎症を起こし、腫れて熱を持ち、ズキズキと痛む場合があります。
靭帯(じんたい)や筋肉の一部が傷つき、場合によっては、ちぎれている状態といえます。
日常生活やスポーツでねんざや肉離れを起こしてしまった直後は傷めた部分に負担をかけないよう、安静にしましょう。テーピングや包帯、サポーターなどで固定できればより良いです。

ねんざや肉離れをしてしばらく時間が経つと、痛めた部分が赤くなったり、熱を持ったりする場合があります。これは痛めた組織が炎症反応を起こしているからです。
よくねんざや肉離れをした直後に痛めた部分を何度も動かしたり、力を加えたりして傷めた箇所の確認をする人が多いですが、確認の動作は傷めている部分にさらに負担をかけることになりますので、やりすぎると傷めた組織の傷を更に広げてしまいます。

ねんざや肉離れをしてしまったのであれば、確認は最低限にして、
そのような場合は傷めた部分(熱を持っている部分)を冷やした方が良いです。
また、ねんざや肉離れの際には痛めた部分が内出血を起したり、腫れてくる可能性がありますので、安静の際には痛めた部分を心臓より高い位置に挙げておくと良いとされています。

なかなか治らない肉離れや捻挫に鍼灸治療が有効的です。

ねんざや肉離れを起した部位や、その周囲の筋肉も緊張している場合が多いです。
そして、その筋肉の緊張は痛めた部位の周囲だけでなく、
離れた部位の筋肉まで広範囲で緊張している場合があります。

針灸療法は緊張して硬くなっている筋肉を緩め、
その筋肉が本来負うべき負担を十分担えるような状態にします。
また、傷めた部位に直接関係する筋肉の緊張を緩めることで、
傷めた部位に直接かかっていた負荷を軽減させ、
損傷している靭帯や筋肉の修復を助けます。

より詳しくねんざについて知りたい方は下記へ

↓↓↓
ねんざ

「ちょっと捻っただけでこれくらい大丈夫」、「走ったあと足に違和感があるけど方って置いても平気だろ」

痛みや違和感が少しでも出たら放置せず、すぐに当院にご来院ください。受診が早いほうが治療効果も期待できます。ねんざや肉離れ以外の症状でも対応させていただきますのでまずはご相談してください!!

 

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日  日曜

 

季節の変わり目は要注意!!!

 

 

こんにちは

芝浦治療院 土屋です。

 

 

気温も下がり秋めいてきましたが今年は台風が多く、スッキリしない天気が続きますね。

みなさまの体調は大丈夫でしたか?

 

 

夏から秋に変わるこの時期は自分では分かりづらい体の変化も多い時期です。

 

今回はこの季節だからこそ多い急性の症状についてお話しします。

 

 

ギックリ腰寝違い

 

ギックリ腰、寝違いに季節なんてあるの?

と、思われる方も多いと思いますがこの時期はどうしてもギックリ腰が増えてしまうのです。

 

理由としては気温の高い夏から気温の低くなる秋になるときに身体の筋肉が硬くなりやすくなってしまうからです。

 

筋肉は温めた方がよく動く性質を持っています。

運動の前に準備運動やストレッチをするのは筋肉を温めるためです。

 

夏は外気の熱である程度体は温められますが秋はどうしてもそうはいきません。

そんな中体を動かすことによって、普段の何気ない動作、例えばものを取るためにしゃがむ、重いものを持つといった動作でもギックリ腰を起こしてしまいやすくなるのです。

 

 

寝違いも同様に冷えて筋肉に柔軟性が損なわれ、朝起きた時のタイミングで痛める事が多々あります。

 

 

ちなみに芝浦治療院にもギックリ腰、寝違いで来られる患者さんはこの時期、特にに多いです。

 

また、気温の変化とは関係ないですがこの時期に多くなるものは他にもあります。

 

それは捻挫や肉離れです。

 

秋は、スポーツの秋といわれ体を動かしたくなったり、お子さんの運動会もよく行われており親御さんも参加するイベントで、久しぶりに体を全力で動かすことによっての急性のケガは特に多いのです。

 

 

今週は運動会の予定が多いです。

準備運動を入念にお願いします。

 

上記の2つに言えるのはしっかりと体を温めて筋肉の柔軟性を高め、ケガを予防することが大切です。

また、ストレッチやマッサージなども有効です。

 

ケガの予防をしたい方、またケガをしてしまった方がいらっしゃいましたら

芝浦治療院にぜひお任せください!

 

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日 日曜

秋の夜長に温活しましょう。

こんにちは、芝浦治療院・増田です。

お彼岸も終わりだいぶ涼しくなってきました。

お彼岸の中日に当たる春分、秋分は昼と夜の長さがほぼ同じになります。

秋は秋分を境に太陽の出る時間が短くなり夜が長くなる と同時に気温もだんだん下がって行きます。

今年は本当に暑く冷房で冷えた方も多いのではないでしょうか?

またこのお彼岸も終わり涼しくなってきたこの時期も気温は高くないのに湿度が高いため、ムシっとして除湿や冷房を入れたりしてまた冷えやすくなり、身体の疲れが出やすくなります。
特に女性にとって冷えは大敵です。

冷えることによって生理痛、月経不順、不妊症など様々な女性特有の症状や疾患に関わることも多くあります。

また肌荒れや身体のだるさや不眠にも関わることもあります。

 

このように冷えることによって様々なトラブルを引き起こします。

 

そこで今日は温活についてお話をします。

「温活」聞いたことがある方も多いと思いますが、

「温活」とは日頃から身体を温める事で、自分の身体への意識を高めることにより
冷えやそれに伴う症状に対して向き合う事です。

冷えは本来全身を巡っている血液の流れが滞り、身体の末端まで血液が流れにくい状態です。

心臓や重要な臓器のある体幹部を守るために末端から冷えていき、その冷えがひどくなると子宮や卵巣にも悪影響を及ぼします。

妊娠を希望する場合卵巣への血流が悪くなると、卵が育ちにくくなり子宮内膜が十分に厚くならないこともあります。

このように冷えることで様々な悪影響を及ぼす事を防ぐためにも基礎体温を上げることが大切です。

現代人は昔の人より少し体温が下がっているそうです。

体温が1度上がると免疫力が一時的に5〜6倍上がるそうです。

理想は一般的に36.5以上とされています。

そこで興味のある方は、まず出来ることから始めてみましょう。

入浴の仕方。

お風呂は(37度〜39度で25〜30分が良いそうです)ぬるめのお風呂にゆっくり全身浴で浸かることで最初は寒く感じるかもしれませんがジワジワと温まってきます。

お風呂から出る時に湯冷め防止に手足に水をかけるのも良いです。

 

お灸なども効果的です。

 

温活として食事も大切です。

根菜類や発酵食品や白湯などバランスよく摂るようにしましょう。
身体を温める食材
山芋、かぼちゃ、ニンニク、ごぼう人参、生姜、ひじき、ワカメ、海藻類など

身体に良いからと摂りすぎないようにバランスよく摂るようにしましょう。

このように女性にとって冷えることにより様々な疾患にも影響してきます。

女性特有の症状でお困りの方は田町駅から徒歩5分芝浦治療院へ

女性のスタッフもおりますのでお気軽にご相談ください。

もうすぐ秋分の日

こんばんは。大坪です。

今年の秋分の日は9月23日ですね。

おかげで月曜が振替休日でまたもや3連休!皆様も大変喜ばれていることでしょう。

さて、秋分の日ですが皆さんご存知のように夜と昼の長さが等しくなる日です。つまり、陰気と陽気が±0。ここから新たなスタートと言ってもいいでしょう。

秋分の日以降は陰気が増していきます。ここを境に気温は少しずつ下がっていくのですが、夏の間に冷やしすぎた体内にはまだまだ冷えが残っている方も多いのではないでしょうか。

この冷えが今後の体調不良に直結します。まだまだ日中は暑かったりしますが、少しずつ身体を温める習慣をつけていきましょう。

季節の変わり目を快適に乗り切ることで冬を楽しく過ごす準備をしましょう。

 

体調不良のことなら芝浦治療院へご相談ください。

 

 

連休の診療について

祝日も休まず診療致しますのでお早めにご予約をお願い致します。

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日 日曜

 

 

交通事故治療は早めの治療が大事です!!

こんにちは!
芝浦治療院院長の松本です。少しづつではありますが涼しくなり、秋らしくなってきましたね!!特に季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあります。体調管理には充分に気をつけてくださいね!!

さて今回は交通事故治療についてです。後遺症を残さないためにも早めの治療がとても大切です。例えば事故にあった当日は、患部に痛みがあり病院に行ってレントゲン検査をしても「骨は特に異常なし」と言われることがよくあります。しかし、翌日や、2~3日後、1週間後に痛みが出てくることも少なくありません。 事故当日は突然のできごとのあまり、気が動転しており、身体の緊張も強くなっていることから、痛みに気付きにくくなっている場合が多くあります。そのようなときは、後日痛みが出てきても病院で特に異常はないと言われていることから、2~3日で良くなるだろうと思ってしまう方が多いのですが、実はとても危険な考え方です。なぜならば、どんどん悪化して、突然の強い痛みが発生する可能性があるのです。レントゲンでは骨の異常しか判断がつかないため、ムチウチ(頚椎捻挫)に見られるような筋肉や神経、靭帯などの異常はわかりません。その為レントゲンで異常が見られなくても数日後に痛みが出ることも多く、早期の治療を行わないと後遺症が残ってしまいます。 田町・芝浦の交通事故治療は、芝浦整骨院にお任せください。 後遺症を残さないためにもしっかりとした検査とオーダーメイド治療を行う芝浦整骨院での治療をお勧めいたします。 お気軽にご相談ください。

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日 日曜

睡眠不足には…

こんにちは!芝浦治療院の須藤です!

まだまだ暑い日が続きますが、7月と比べると少しずつ日が短くなってきているのを感じますね。
涼しい日があったり、クーラーが無くても寝られる夜が出てきたりと心地よい秋に向かっている事を肌で感じられるようになってきました。

秋の夜長。
つい夜更かしをして睡眠のリズムが乱れがちになってしまい、眠る時刻なのになかなか眠たくならないという事を経験した方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方には「入浴」と「運動」によって睡眠のリズムを整える事をオススメします★

最近の研究で、就寝前1~2時間の深部体温の降下が急であるほど、寝つきがよく、深い睡眠を得られることが明らかになりました。温度を急降下させるために有効なのが、入浴や運動です。

夕方から夜にかけて、寝る3時間くらい前までに運動をする事により一時的に身体の深部の温度が上がり、急激に下がるタイミングで眠りに入りやすくなるからです。

 

ぐっすり眠りたい人は、就寝する約2時間前にお風呂に入り、深部体温を上げましょう。お風呂上がりの汗やほてりが引いてきた頃が、布団に入るベストタイミングです!

 

40℃前後。10分以上を目安に、できれば30分程度ゆっくりとつかってリラックスすることで副交感神経が優位になり、快眠しやすくなります。

それでも眠りにつきにくい、寝付けても眠りが浅いという方には鍼灸治療もオススメです。
身体の緊張を緩め、自律神経の調整をする事により不眠の症状も和らぎます。

良い睡眠習慣をつくり、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋など過ごしやすい時期を迎えましょう♪

9月祝日診療のお知らせ♪

当院は土曜、祝日も開院しておりますのでお困りの際はぜひご連絡ください。

 

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日 日曜

 

気象病について

こんにちは!芝浦治療院 徳本です。

過ごしやすい日が続いていたかと思うと台風が次から次へと接近してきたり、天候が不安定な時期が続いていますが体調は崩していないですか?

当院でも気候の変化のせいか頭痛や体調不良を訴える患者さんが急増しています。

そこで今回は気候の変化と体調に関してお伝えしたいと思います。

気圧や気候の変化によって起こる「気象病」はご存じですか?

天気が悪くなると体調に変化を感じる方もいるのではないでしょうか?

昔から「古傷が痛むと雨が降る」と訴えたり、頭痛を訴える人が多くなる傾向があり、長野県では「女がさわげば天気が悪い」と言われている地域もあるそうで、天気と体調の変化はつながりがあると考えられてきたようです。

なぜ雨だと体に不調が起こるのか?


雨が降る時には、低気圧の通過などで気圧が下がります。

この気圧低下によって体内の水分循環が悪くなり、体がむくみ、古傷などの痛みを引き起こします。

さらに脳の血管が膨張して神経を刺激し、頭痛の原因にもなっていると考えられます。

これら気圧や気候の変化によって起こる不調のことを「気象病」と言います。

気象病で起こる主な症状

頭痛・首や肩のこり、痛み・めまい・耳鳴り・喘息・高血圧(低血圧)・神経痛・古傷の痛み・精神不安(イライラ、うつ症状)・倦怠感・眠気

気象病の要因は様々言われていますが、主な要因として「自律神経の乱れ」が挙げられます。

自律神経は、交感神経と副交感神経の二つから成り立ち、それぞれの切り替えにより呼吸や血液循環、消化器官など体の機能維持や調整を担っています。

大きな気圧の変化が起こると、身体の外から加わる圧力の変化により交感神経が興奮し、収縮した血管が反動で拡張することにより、神経が刺激され、頭痛や眩暈を招きます。

湿度や気温の変化による頭痛も同じです。

気候の変化が多い秋は要注意!!


秋は晴れたり、数日おきに雨が降ったりと、天気の変化が大きい季節です。

これは暑い夏と寒い冬の変わり目で、低気圧や移動性高気圧が日本付近を通るためです。

同じく天気の変化が大きい春も、気圧の変化が大きくなります。

また、気温の変化も体に与える影響は大きく秋や春は、気温差によるストレスで自律神経のバランスを崩しやすく、体の様々な箇所の痛みを引き起こすと考えられます。

 

体の冷えに注意!!

秋は日に日に気温が下がっていく「降温期」と呼ばれており、体の「冷え」に一層の注意が必要になります。

一日の気温差が8度以上あると、体に大きな影響を与えるとも言われているため、秋シーズンの気温差は注意しなければいけないのです。

夏の暑さにすっかり慣れていた体にとっては、急な冷え込みは体に大きな負担をかけます。

冷えは血行を悪くし、だるさや疲れやすさ、消化不良など筋肉の疲労だけでなく内臓にも影響を及ぼします。まだまだ暑い日は続きますが今のうちから体のケアを心掛けましょう。

気象病だけでなくギックリ腰や首の寝違えの患者さんも増えておりますので痛みや疲れがある方はまずはご相談ください。

 

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院

http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時

土曜祝日 9時~19時

定休日 日曜

 

 

 

 

 

 

旅の疲れに注意!!

みなさんこんにちは。

芝浦治療院土屋です。

 

台風が来たり、夕立が降ったりと天気が安定しないですね。

みなさん体調はいかがでしょうか?

 

こまめに水分を摂取したり汗を拭き取るなど体調管理に気を配り今年の夏も乗り切りましょう!

 

 

さて、お盆の時期に入り旅行に行く方や帰省される方も多いのではないでしょうか?

楽しみなイベントの中でも意外と体は疲れていくものです。

 

今日は楽しいはずのイベントの中に隠された疲労の原因を紹介します!

・長時間の同姿勢

遠出をするときに絶対必要なのは移動の時間です。

移動の時間が長ければ長いほど同じ姿勢や座っている時間が長くなります。

同じ姿勢が続くと筋肉が硬くなり血液の流れが悪くなり、体内の疲労物質が流れづらくなります。

そうなることによって帰宅した時の倦怠感や体の疲れが抜けにくくなるのです。

 

・連続した慣れない動作

旅行に行くと『せっかくここまで来たんだし』といって普段行わないことをするのではないでしょうか?

また、観光では自分の足で普段以上に歩きます。

普段しないことを急に行うと、滅多に使わない筋肉に負担がかかります。

その時は楽しくて気づかなくても、ふとした時にその疲れはどっと感じてくるのです。

なぜか筋肉痛になっているな~と感じている人も少なくはないのではないでしょうか。

 

 

・暴飲暴食

旅先でのご当地グルメや地酒はどうしても気になりますよね。

当然暴飲暴食は内臓に負担をかけます。

食べ物がお腹に入ると体は内臓に血液を送り、消化を始めていきます。

日常的にその作業は行われていますが、暴飲暴食により内臓に血液を送る量が多くなるとほかの手足や体幹の筋肉に流れる血液が少なくなります。

こういったことにより疲労物質が流れづらくなり体がだるくなってしまうのです。

 

私の旅疲れの原因もだいたいこれです。笑

 

 

 

いかがでしたか?

意外と様々なところに疲れの原因は転がっているのです。

旅の疲れも芝浦治療院で吹き飛ばしていきましょう!

 

芝浦治療院では、鍼灸治療やマッサージ・カイロプラクティックなどで身体の機能回復をはかったり、患者様一人ひとりに合った治療方法をご提案させていただきますので、ぜひお問い合わせ下さい!

 

芝浦治療院スタッフ一同ご連絡をお待ちしております。

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院

http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時

土曜・祝日 9時~19時

定休日 日曜

お盆も診療しております!

こんにちは。芝浦治療院の徳本です。

台風は通過しましたが、まだまだ暑い日が続きますね。
芝浦治療院は暑さに負けずお盆も診療しております。

気候の変化やエアコンの影響で寝違えやギックリ腰等の患者さんが増えています。
痛みや体の違和感を感じましたらすぐにご相談ください。

 

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 日 9時~19時

定休日 日曜

足のつりにご注意を!

今日は台風が近づき荒れた天気となっておりますが無事に帰れているでしょうか!?

8月に入っても35℃前後の猛暑日が続き、台風のおかげでやっと涼しさを感じていますが、急な温度変化で体調を崩しやすいので注意してくださいね!

こうした気圧や気温の変化の影響で寝ていて足がつる、いわゆる「腓返り(こむらがえり)」になる人が多くなることを知ってましたか??

こむらがえりとは筋肉が痙攣した状態のことですが、こむらがえりになる原因は大きく分けると3つあります!!

 

①特定の筋肉の使い過ぎによる筋疲労からくる痙攣

↓↓↓

季節に関係なくおこるもので、運動前後のストレッチやマッサージで予防、解消することが出来ます。

 

②エアコンなどで足など一部分が冷えたことで起こる痙攣

↓↓↓

暑くて布団を剥いでしまった足の部分などにエアコンの風が直接当たって冷えすぎてしまった時などに起こります。

 

③身体の水分量の変化によるイオンバランスの乱れ(水分不足)

↓↓↓

汗のかき過ぎにより、身体から塩分が体外に流れてしまうことから起こります。

ひどくなると熱中症にもつながる為、特に注意が必要です!!!

 

夏の熱い時期によく足がつり易いという人は

 

・ストレッチやマッサージを習慣的に行う

・足が冷えすぎないような格好をする

・寝る前に薄めたスポーツ飲料などを摂取する

 

など意識的に行い予防していきましょう👍

 

芝浦治療院はお盆も休まず診療しています!!

 

せっかくの休みにお身体のケアに是非いらしてみてください!

 

お身体のことでお困りのことがありましたら、いつでもご相談ください。スタッフ一同お待ちしております。

 

田町駅から徒歩5分 芝浦治療院
http://www.shibaurachiryouin.com/

TEL03-5445-6600

平日 10時~22時
土曜 9時~19時

定休日 日曜